平成22年4月1日より、神奈川県では、受動喫煙による健康への悪影響から県民を守るためのルールとして「神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例」が制定・施行されました。
この条例で神奈川県内にあるホテルは「第二種施設」に区分され、禁煙または分煙の措置を講ずる義務が発生いたしました。




ホテルメッツ川崎では、以前から禁喫煙の区分を設けており、大きな変更はございませんが、ここであらためて区分のご案内をいたします。


《禁煙区分(県条例で公共エリアと区分される場所)》
・1階ロビー全域(お手洗い・レストランも含む)
・エレベーター内
・各階エレベーターホール
・各階廊下全域
・自動販売機コーナー
・非常階段

《喫煙可能区分》
・喫煙客室内



喫煙客室フロアーであっても、廊下は禁煙区分の対象となりますのでご注意くださいませ。
また、喫煙客室内であっても、防災の観点から寝タバコはご遠慮くださいませ。






条例についての詳細・お問い合わせは、神奈川県保健福祉局企画広報グループまでお願いいたします。
電話:045-210-5015
HP:http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f6955/p23021.html

画面を閉じる