神奈川県鎌倉市山ノ内にある禅宗の寺院で、臨済宗建長寺派の大本山です。鎌倉五山の第1位で、最初の禅宗専門道場です。山号は巨福山。1253年、鎌倉幕府第5代執権北条時頼によって創建されました。開山は蘭渓道隆(大覚禅師)。本尊は地蔵菩薩です。
境内には重要文化財が多く、大鐘は国宝に指定されています。

北鎌倉駅より徒歩15分(ホテルからの所要時間約25分)

画面を閉じる