環境活動への取り組み

これまでLED化・設備のインバーター化・BEMSを活用した運用改善等によるエネルギー削減、中水利用や節水コマ・節水型シャワーヘッドの採用等による節水、生ごみのメタン可リサイクル等による廃棄物削減やバイオマス製品の採用等によるワンウェイプラスチック削減などに取り組んで参りました。
これまでの取り組みに加え、様々な環境負荷軽減活動を行いながら脱炭素社会・資源循環社会の実現を目指していきます。


  1. アメニティステーションの導入
  2. 客室バスアメニティにポンプ式詰替えボトルを採用
  3. プラスチック製ストローの使用中止、素材変更
  4. 直営ベーカリーショップのレジ袋をバイオマス30%レジ袋に切替え
  5. 製氷機用プラスチックカップを紙製カップに切替え
  6. 特定プラスチック使用製品8品目を代替素材に切替え、又は廃止
  7. 食品廃棄物処理をメタン化リサイクルに切替え
  8. 節水や水の再利用等の取り組み
  9. BEMSの導入
  10. LED化の推進
  11. JR自営電力の採用
  12. 脱炭素社会実現への取り組み
  13. 資源循環社会実現への取り組み

アメニティステーションの導入

2017年よりJR東日本ホテルメッツ(日本ホテル(株)運営全ホテル)において「アメニティステーション」を導入しております。客室には最小限のアメニティを設置し、ロビーに設置した「アメニティステーション」からお客様にセルフサービス方式で必要なアメニティだけをピックアップして頂くことで、使い捨てプラステチックやごみの削減にご協力頂く取り組みです。
現在は、ホテルドリームゲート舞浜・ホテルドリームゲート舞浜アネックスも含めて27のホテルでアメニティステーションを導入しております。

アメニティステーション


客室バスアメニティにポンプ式詰替えボトルを採用

客室のバスアメニティについては、JR東日本ホテルメッツより順次ポンプ式詰替えボトルに変更しており、現在は東京ステーションホテルを除く全ての日本ホテル(株)運営ホテルで詰替えボトルを採用し、使い捨てプラスチックの削減に努めています。
また、メズム東京、オートグラフ コレクションではガラス製詰替えボトルを使用することにより、プラスチックの使用削減にも取り組んでいます。

  • メズム東京、オートグラフ コレクション ポンプボトル

  • JR東日本ホテルメッツ ポンプ式ボトル


プラスチック製ストローの使用中止、素材変更

日本ホテル(株)が運営する全てのホテルにおいて2020年3月までに、宴会場や直営レストランで使用していたプラスチック製ストロー(2018年度実績 約44万本)の紙製または生分解性プラスチック製ストローへの切替え、またはストローの使用を中止し、使い捨てプラスチックの削減に努めています。


直営ベーカリーショップのレジ袋をバイオマス30%レジ袋に切替え

ホテルメトロポリタンおよびホテルメトロポリタン エドモントの直営ベーカリーショップで使用していたプラスチック製レジ袋(2018年度使用実績 約7万5千枚)を2020年3月までにバイオマス30%の素材に切替えています。


製氷機用プラスチックカップを紙製カップに切替え

JR東日本ホテルメッツや東京ステーションホテルなどのホテルにおいて、宿泊のお客さまがご利用になる製氷機用のカップをプラスチック製から紙製に切替えることで、ワンウェイプラスチックの削減に努めています。



特定プラスチック使用製品8品目を代替素材に切替え、又は廃止

2022年4月に施行された「プラスチック資源循環促進法」に則り、日本ホテル(株)で運営する全ホテルにおいて、特定プラスチック使用製品の内、「くし」の廃止及び「ヘアブラシ、かみそり、シャワーキャップ、マドラー、フォーク、スプーン、ナイフ」のバイオマスプラスチックへの変更を2022年3月までに実施しています。


食品廃棄物処理をメタン化リサイクルに切替え

宴会場や直営レストランのある7ホテルにおいて、食品廃棄物の処理をメタン化リサイクルに切り変えることでリサイクル率の向上に努めています。
食品リサイクル法定期報告書において、日本ホテル(株)の2016年度の食品廃棄物のリサイクル率は約47%でしたが、2021年度のリサイクル率は約98%に向上しました。


節水や水の再利用等の取り組み

ホテル新築時や既存ホテルの設備更新の際には、客室内の浴室シャワーヘッドやトイレに節水型を採用、レストラン厨房では節水コマや泡沫水栓を導入するなど、節水に取り組んでいます。
また、一部のホテルでは、レストランや宴会場の厨房排水や雨水を再生処理する中水設備を設置し使用することで年間約40t(2021年度実績)の水道水の使用削減に役立てています。

中水設備


BEMSの導入

BEMSとは、「ビル・エネルギー管理システム(Building Energy Management System)」の略称で、建物で消費されるエネルギーについて最適なエネルギー管理を目指すシステムです。
ICTを使ってエネルギー消費に関するデータの蓄積・分析を行い、快適なホテル環境を実現しながら効率的なエネルギー利用が可能となります。
日本ホテル(株)が運営する一部のホテルにおいてBEMSを導入しており、エネルギーの見える化により部門ごとに節電や省エネ対策を検討し、適切で効率的な設備の運転や設備改修を実施することでエネルギーの使用削減に活用しています。

BEMS


各種設備のインバータ化

インバータとは電圧・電流・周波数をコントロールする装置のことです。空調換気設備やポンプ類などについて、ホテル新築時や設備更新時にはインバータ搭載の設備を採用して機器運転の細かい制御を可能にすることでエネルギーの使用削減に努めています。

インバータ盤



LED化の推進

ホテル新築時や設備更新時には積極的にLED化を進めています。運営するホテル全体のLED化率は、2016年度の54%から2021年度には78%に増加し、5年間で新たに約59,000個のLED照明を導入致しました。


JR自営電力の採用

運営しているホテルの内17ホテルでCO2排出量が少なく環境負荷の低いJR自営電力(2021年度調整後排出係数0.284kg-CO2/kWh)を採用しています。
※参考:東京電力エナジーパートナー2021年度排出係数0.452kg-CO2/kWh


脱炭素社会実現への取り組み

JR東日本グループの「ゼロカーボン・チャレンジ2050」達成に向けグループ全体で取り組みを推進しており「毎年1%削減(原単位5年間平均)」「2050年度におけるCO2排出量『実質ゼロ』」を目標としています。


資源循環社会実現への取り組み

JR東日本グループの2030年度までの資源循環目標に向けて取り組みを進めています。 

【グループ目標】
■ワンウェイプラスチック削減とワンウェイプラスチック容器包装等を再生可能素材へ切替え
■廃棄物の削減とリサイクル率の向上